ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は、春先からずっと、裂き織りに取り組んでいました。
大島紬を裂いた(…! 罰あたりな…)ランナーの次は、こちら、紅絹(もみ)を裂いてランナーにしました。


紅絹のランナー


幅15㎝ほどの、ミニマムなランナーです。
でも長~く織りまして、全長120㎝。
くるくるくるっと、巻物のようにかわいくまとまります。
お正月や、お雛様などのときに、ちょこっとだけ敷いて飾るのに最適。
新年を迎えるのが、楽しみになります。


大島紬を裂いて織って、楽しくなってしまってチャレンジしましたが、まあ大変でした。
タテ糸が変わると、そして、裂き布が変わると、同じ「裂き織り」とは思えないくらい、織る感覚が違うのです。
前回のタテ糸は、しっかりしたリネン糸でしたが、今回は、着物用の絹糸。
…手縫い用の糸でしたっけ?…と思いたくなる、未経験の細さ(冷汗)。
そして、裂いた紅絹を扱うことの、むつかしいこと!
みみがきれいにならなくて、私って、こんなに下手っぴでしたっけ…と、泣きたくなることたびたび、でした。


ああ、うつくしく裂き織りを織るってむつかしい…。


「裂き織りは、いい加減に織ろうと思えば、いくらでもいい加減に織れるんです。
 でも、きちんと織ろうと思えば、こんなにむつかしいものもないんですよ」
と、先生がおっしゃる言葉をしみじみかみしめました。


じゃあ、むつかしからキライになるかといえば、そんなこともなく。
糸を織るのと、裂き布を織るのは、また違った楽しさがあるのですもの。
やめられませんね。
それに、下手っぴを克服していくぞ!と思うと、わくわくしますし。
チャレンジは続けます。


この次は、裂き布を使ったオープンリップスに挑戦しました。
オープンリップスとは?
参考書と一緒に、次回ご紹介します。







ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/913-cef5fb55

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。