ちまちま織り工房

織ることが好きです。草木で染めること、羊毛を紡ぐこと、縫うこと、編むこと、作ることいろいろを楽しんでいます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、葛で染めた毛糸がきれいにかわいて色が落ち着いたので、まとめてみます。

一番目に染めたのが、こちら。
8%の銅の先媒染。葛は、糸重量の200%の柔らかい蔓と葉っぱを使いました。

2009_0528photo0021_convert_20090528225610.jpg

かわいてみると、オリーブグリーンとカーキ色の中間の色?になりました。
かろうじて、みどりに分類してもいいかな?という感じです。
これはこれで、落ち着いたいい色になりました。

二番目にそめたのが、こちら。
やはり8%の銅媒染ですが、初めての後媒染です。
葛は、糸重量の200%の柔らかい蔓と葉っぱを使いました。

2009_0528photo0023_convert_20090528225731.jpg

うーん、画像ではいまいち色が鮮やかに見えない…。
実物は、とてもきれいな若草色です。
こういう色が欲しかったの!と、まさに私の願いどおりの色になりました。
後媒染だと、そういう色のびみょうなさじかげんができて、いいですね。

さいごは、こちら。
8%アルミニウム先媒染のあとに、鉄媒染をかけました。

2009_0528photo0022_convert_20090528225653.jpg

浅葱色といえばいいのでしょうか。
薄い青緑色…?思いがけない色が出て、けっこうびっくりしつつも楽しかったです。

最後の染め糸は、残り物の産物です。
2回の銅媒染用に素材を煮出したあと、堅いのも柔らかいのも合わせて、蔓だけが残りました。
捨ててしまうのはもったいない!
せっかくだから、全部使って染めることにしました。糸重量の300%ありました。
ところが、今までで一番たくさんの素材を使ったのに、染料があまり出ないんです…。

不安に思いつつ、アルミニウムの先媒染で染めたところ、ほとんど色がつきません。
少し明るい色になったかしら?という程度。
そこで、思い切って鉄媒染をかけてみることにしました。
鉄で媒染すると、黒っぽい色になる=あんまりきれいじゃない、という先入観があったのでためらいましたが、だめでもともと、と、チャレンジ。

でも、そのチャレンジが思いがけない結果をくれました。
まさか、こんな色になるなんて…。
草木染って、本に書いてあるセオリーどおりにはいかないのですね。
そこが楽しくもあり、また、スリリングでもあるのですが。

来週の後半、また染めの素材が手に入りそうです。
とりあえず聞いているところだと、ツバキと、ツツジ。
ツバキは、前にあまり思うとおりの色が出なかったので、ぜひ再挑戦したい素材です。
わくわくしますね。




ぽちっ♪ ありがとうございます、励みになります☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sosorasorasora80.blog121.fc2.com/tb.php/95-faa97f3b

じぇんね

Author:じぇんね
織りや紡ぎ、草木染、時々は編み物なんかもしながら、ちまちまっとした暮らしを楽しんでいます。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。